当クリニックは猫の不妊去勢手術専門の会員制動物病院です。

会員登録には「利用規約」及び「にじのはしスペイクリニック運営要領」への同意が必要です。
内容をご確認いただき、同意いただける場合は登録フォームにおすすみください。

利用規約

 
第1条 (会員)
・「会員」とは、本規約及び「にじのはしスペイクリニック運営要領」(以下、「運営要領」)に同意の上、にじのはしスペイクリニックに個人情報を登録し、当院がこれを承認した個人、または団体をいいます。会員は、 にじのはしスペイクリニックに猫の不妊去勢手術(以下、「手術」)を依頼することができます。
・「会員情報」とは、会員が当院に開示した会員の属性に関する情報等をいいます。
・会員は登録の時点で本規約および運営要領に同意したものとみなします。
 
第2条 (規約の遵守)
会員は当院を利用するにあたり、本規約を遵守するものとします。
 
第3条 (登録手続と登録審査)
 会員となることを希望する個人または団体は、本規約に同意の上、当院が定める所定の手続きにより会員登録を行います。
 当院は、登録を申し込んだ個人または団体が、以下の各号のいずれかに該当する場合又は該当するおそれがあると判断した場合には、その登録を拒否することができるものとし、当院はこれについて一切の責任を負いません。また当院は、登録を拒否する理由を申込者に説明する義務を負わず、申込者はこれについて異議を申し立てないものとします。
 本規約に違反する行為を現に行い又は行うおそれがあると当院が判断する場合
 当院に提供された登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
 過去に第10条各号のいずれかに該当する行為を行った者、または第13条に基づき会員登録を抹消された者
 その他当院が会員登録を不適当と認めた者
 
第4条 (会員向けサービスの変更)
にじのはしスペイクリニックは、会員への事前通知なくして、本規約および運営要領等の改定を行うことがあり、会員はこれを承諾します。
 
第5条 (会員向けサービスの中断)
 当院は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前通知することなく、会員向けサービスの利用の全部又は一部を永久的に停止又は一時的に中断することができるものとします。
 会員向けサービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
 コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
 火災、停電、天災地変などの不可抗力により会員向けサービスの運営ができなくなった場合
 その他、当院が停止又は中断を必要と判断した場合
 当院は、前項に基づき弊社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について一切の責任を負いません。
 
第6条 (メールアドレス及びパスワードの管理)
 会員は、自己の責任において、メールアドレス等を管理及び保管するものとします。
 メールアドレス等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害責任は会員が負うものとし、当院は一切の責任を負いません。
 
第7条 (会員の責任)
 にじのはしスペイクリニックでの手術を依頼する者は、自らの意思によってのみ会員登録し、会員となるものとします。
 会員が登録した情報は会員自らがその内容について責任を負うものとします。
 会員は自らが登録した情報をいつでも変更、追加、削除することができます。
 会員は登録情報に変更があった場合、速やかに当院が定める所定の操作により登録情報を更新するものとします。当該操作を怠ったことによる損害に対し当院は一切の責任を負いません。
 会員は自らの意思によってにじのはしスペイクリニックを利用し、利用にかかわるすべての責任を負うものとします。
 
第8条(情報の保存と運用)
 会員が自ら退会した際の会員情報等のデータについては、当院の管理運営上、退会後すぐに消去いたします。
 
第9条 (第三者の範囲)
当院が個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合 (委託先における個人情報の取扱いについては当院が責任を負います)、個人情報の提供を受ける者は、第三者に該当しないものとします。
 
第10条 (会員の禁止事項)
会員は以下の行為をしないものとします。
 虚偽の情報を登録する行為
 当院、他の会員又は第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権、及び当院に対する権利を侵害する行為
 当院、他の会員又は第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
 当院、他の会員又は第三者を誹謗中傷する行為及び当院に対する権利侵害行為
 その他いかなる法に違反する行為、またはその虞のある行為
 犯罪的行為に結びつく行為
 公序良俗に反する行為
 反社会的活動に関する行為
 にじのはしスペイクリニックへの手術依頼を通じて入手した情報を、複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
 にじのはしスペイクリニックの運営を妨げ、あるいは当院の信用を毀損するような行為、またはそのおそれがある行為
 本規約に違反する行為
 
第11条 (免責)
 会員登録若しくは登録拒否、会員による手術の利用、当院によるクリニックの休診若しくは閉院、又は会員登録抹消による損害、その他当院に関して生じる一切の損害(精神的苦痛、事業の中断、又はその他の金銭的損失を含む一切の不利益)について、当院は責任を負わないものとします。
 当院は、個人会員および団体会員について、当該人、団体の財務内容の優良性、事業体としての存続可能性、当該法人が営む事業の適法性、社会的 妥当性等を何ら保証するものではありません。会員は、自己の責任において当院を利用するものとし、利用に起因して会員と第三者、会員間に生じた 紛争、もしくは会員に生じた損害について、当院は一切の責任を負わないものとし、会員自らの責任及び負担においてそれらを解決するものとします。
 
第12条 (提供された情報の弊社による利用)
当院は、個人特定情報以外の登録情報や当院利用状況について、当院の編集、発行するもの等に二次利用できるものとします。なお、この場合の著作権は当院が所有保有するものとします。
 
第13条(登録情報の抹消)
 会員は自らの意思により当院が定める所定の手続きによっていつでも会員登録を抹消することができます。
 当院は、会員が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、当該会員に対して警告し、又は当該会員について事前の通知又は催告なくして手術等の利用を一時的に停止、若しくは会員としての登録を取り消すことができます。
 第10条に該当することが判明した場合。
 反社会的活動を行っている場合、その他反社会的勢力に該当する場合、もしくはこれら法人・団体と関連がある場合
 本規約に違反した場合、その他弊社が登録の継続を適当でないと判断した場合
 動物愛護団体等と過去にトラブルがあった旨の通報があった場合
 当院は、本条に基づき当院が行った行為により会員に生じた損害について一切の責任を負いません。
 
第14条 (本規約の改定)
当院は、本規約及び運営要領を任意に改定できるものとします。変更の内容についてはWebサイト上に1ヶ月表示した時点で、すべての会員が承諾したものとみなします。(本規約の改定)
 
第15条 (第三者に対する責任)
会員の登録、利用により第三者に対して損害を生じさせた場合には、会員の責任において解決し、当院は一切の責任を負いません。
 
第16条 (損害賠償)
会員が本規約に違反し、当院に対し損害を与えた場合、会員は当院に対し直接、間接を問わず一切の損害の賠償義務を負担します。

にじのはしスペイクリニック運営要領

 
(手術日および診療時間)
〇月~金 午前10時から午後6時まで
 
(休診日)
〇土日祝、他に定める日
 
(手術受付時間)
〇午前8時30分から10時まで。
なお、当日の予約状況によっては当日申し込みが可能です。その際は正午までに搬入してください。
 
(手術についての同意事項)
〇手術を申し込む者は、下記の事項を理解し同意したものとする。
(1)執刀する獣医師は、手術を受ける猫の年齢や既往歴、感染症感染状況、手術時の健康状態を予め把握できないことを踏まえ、予測不可能な麻酔事故などが起こりうることをご了承ください。
(2)妊娠している猫は、すべて堕胎手術を行います。
(3)他の猫及び人への外部寄生虫の危害を防止するため、すべての猫に外部寄生虫の駆除薬を投与します。その際、駆除薬に対し副作用を起こす猫が稀にいることをご了承ください。
 
(4)手術は下記のとおり行います。
〇麻酔前投与は、ブトルファノール酒石酸塩と塩酸メデトミジンによる鎮静・鎮痛を目的とした筋肉注射である。
〇全身麻酔は、イソフルランによる吸入麻酔である。
〇メスは卵巣子宮全摘出、オスは精巣摘出を行う。
〇オスの潜在精巣が確認された際は、表面の触診によりその潜在部位が判明したものについては摘出する。
〇手術した猫については再捕獲・再手術が行われないよう、耳カットを行う。
〇耳カットは、耳先を一辺約5㎜程度カットしいわゆる「さくらねこ」の状態とする。
 
(5)手術は原則、当日搬入当日搬出です。
 
(6)手術対象猫の当日の搬出入ができない場合は、有料にて預かることは可能ですが、常時獣医師の監視下におくわけではありません。よって、預かり中予測し得ない出来事によって生じた猫の損傷や損害等についての責任は負いかねますので、ご了承ください。
 
(7)また、預かり時は捕獲檻の中で管理するため、動物福祉を考慮し、2泊以上はお受けできませんのでご理解ください。